日本興亜損保自動車保険法人契約内容/口コミ評価nihonkoua

損保ジャパンと合併した損保ジャパン日本興亜です。以前合併する前に電話などをして調べた内容です。目安として参考にしてください。

日本興亜損保 自動車保険の法人契約の内容

日本興亜損保の法人用自動車保険は「SIP」という商品になります。補償内容は他社とほとんど変化ありません。補償範囲は対人・対物・搭乗者傷害・車両の4つに別れていて、自由に組み合わせることができます。

また、法人契約の場合「臨時代替自動車補償特約」が自動的にセットされ、代車で事故を起こしてしまった場合でも、同様に保険が適用されますので、契約している車両台数が多い場合は心強い保険になっています。

 

特約について-日本興亜損保法人自動車保険

事業者用の特約が比較的多く用意されています。

積載動産損害補償特約・搭乗者傷害事業主費用補償特約・受託貨物賠償責任補償特約・対人事故事業主費用補償特約・被けん引自動車に関する車両損害包括保養特約

主にこの5つが事業者向けの特約として用意されています。また超過修理費に関する特約も自車・他車の両方に特約が用意されていますので、特約を充実させることができれば強力な保健内容にする事も可能です。

 

ロードサービス-日本興亜損保法人自動車保険

すべての車に自動的につくわけではなく、人身障害補償特約をつけるとロードサービスがつきます。
レッカー100Km無料(業界最高)、その他30分程度の軽作業(キー閉じ込み等)無料でごくごく一般的なロードサービス内容です。ガス欠時給油サービスは高速道路上のみなのが他社と違う点です。

 

割引制度-日本興亜損保法人自動車保険

最低限の割引制度が用意されているにとどまります。分かりやすくてよいという反面、フリート契約等の場合、他社と比較して割高感を感じざるを得ない保険料になってしまうと思います。

新車割引・エコカー割引・長期優良契約割引・福祉車両割引:各3%割引・ノンフリート多数割引:1%~5%割引

 

評判、口コミ-日本興亜損保法人自動車保険

可もなく不可もなくといった評価がメインです。賛否数で言えば悪い評価が割合的に多いです。代理店型で事故対応満足度が上位に来ていないのは非常にマイナスです。何のために代理店型保険にしたのか分からなくなってしまいます。東京海上などのその他の代理店型自動車保険のウリは「交渉力・事故対応力・顧客対応力」という人対人に関わる部分です。この部分でダイレクト系と差別化を図っているのですから、この事故対応力等の対人交渉分野で高評価を得られていないのは問題ですね。

法人契約可能な自動車保険会社7社同時見積もりはコチラ!法人契約ができる自動車保険会社のみの7社!5分程度の時間でこれらを一回で同時見積もりできます。すべて無料です。
公式ページはこちら↓
自動車保険見積もり

2 件のコメント

  • […] 日本興亜損保  見積もり例)112,100円 事業用の自動車特約が多い。値段は比較的高めに設定されている印象です。10台以上から割引が受けられる。 ただ人身障害補償特約をつければロードサービスが付いてくる。ロードサービスはレッカーサービス100kmまで無料であるだとか特殊な車がクレーンを使わないと引き上げられない事故の場合などにも「クレーン作業補償」というのがあって安心である。 自家用(白ナンバー)、営業用(黄色・黒ナンバー)契約可能。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です