自動車保険 法人と個人(切り替え・違いなど)

自動車保険 法人契約と個人契約の違い

自動車保険における法人契約と個人契約の違いは、「補償範囲」にあります。

法人契約であれば、「社員や業務に関わる範囲」になりますし、個人契約であれば「家庭・家族」に範囲が及びます。

自家用でのみ使用するならば個人契約。社用としても使用するならば法人契約とするのが良いです。

また、法人契約であれば、経費(保険料・ガソリン代・減価償却費等)として会社のお金で処理できます。

自動車保険 法人契約⇔個人契約への切り替え、名義の変更

法人契約と個人契約はまったく別の契約と考えてください。

基本的に「この名義変更はできない」と思ってもらって構いません。個人が法人を新規設立したり解散した場合のみ例外的に等級を継承した名義変更切り替えが可能です。(そのほか事業の同一性などの条件も必要となります。)

名義変更は「切り替え」とも表現されます。行うことは同じなので結論も同様になります。

自動車保険 法人契約と個人契約の保険料差

一般的に法人契約のほうが個人契約より割高です。

ただし、法人契約であれば保険料は会社の経費に計上できますし、保険料を支払う財布そのものが異なってきますので、一概にどちらが安いとは言いかねます。

とくに、法人契約では契約内容(補償内容)がより重要になってきますので、「安い」だけで保険を決定してしまうのは非常に危険です。法人は個人に比べより大きな範囲で補償内容を決定しなければなりません。あくまでも「安さ」は最後の判断材料として捉えておくべきだと思います。

 

スポンサードリンク



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。