自動車保険の法人契約についてhouzinkeiyaku


法人契約の特徴

法人契約とは、簡単言えば「会社(法人)単位で加入する保険」のことです。

記名被保険者・契約者・車両所有者がすべて同じ(法人の)名義によって契約されます。

記名被保険者が法人の場合、保証の対象が「会社及び従業員」と非常に幅広くなります。

昨今個人契約はインターネット型が主流になりつつありますが、法人契約においては、ほとんどの保険会社でインターネットによる契約を行っていません。契約の範囲・契約する車の台数等を考えれば、安易にネットで契約するには保険会社・契約者双方にとってもリスクの高い行為になりますので、納得がいきます。

個人契約と法人契約の違い


正直、大きな違いはありません。
個人と契約するか、法人(会社)と契約するかの違いだけです。

当然、法人と個人では性質が全く違うため、保険の内容も異なってきます。最も違うのは保険の対象です。

法人契約:年齢制限を加えることが可能な場合もあるが、基本的には運転者全員が保証の範囲ですので年齢による割引などはございません。社用車として正しく使用しているかを確認するでしょう。

個人契約:契約者及び其の家族、許諾被保険者といった、「家族単位」が基本的な範囲です。

個人で所有するのであれば、個人契約がおすすめですし、社用車を従業員を含め使用する場合は法人契約がおすすめとなります。

個人が法人契約で契約できたとしても、個人契約のような手厚い保証は期待できません。

ただし、台数によって割引対象となるフリート契約というのもありますので一台単位で考えると法人契約でも安い場合があります。

状況に合った契約をするのが一番です。

法人専用の自動車保険会社一括見積もりサイト!


法人契約ができる自動車保険会社のみの7社!通常の一括見積もりサイトでは法人や事業用の車は見積もりできません。このサイトでは可能です! 5分程度の時間でこれらを一回で同時見積もりできます。すべて無料です。
法人一括見積もりサイトはこちら↓
自動車保険見積もり

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です