黒ナンバー 取得方法!流れや条件、費用について


よく赤帽さんなどで「ナンバーの下地が黒、数字が黄色」の車両を見かけると思いますが、それがいわゆる「黒ナンバー」(正式名称:貨物軽自動車運送事業)と呼ばれるものです。一般的な軽自動車はナンバーの下地が黄色になっており、そちらは「黄色ナンバー」と呼ばれています(自家用)。

これから新たに個人事業主として運送の仕事を行いたいと考えている方に、黒ナンバーの取得方法を分かりやすく解説します。

黒ナンバー取得の流れ(運輸支局へ行こう)

まずは最寄の地域の「国土交通省運輸局」に出向き、事業を行うという届け出の手続きを行います。

❝軽貨物自動車運送事業経営届出書❞に記入して提出してください(提出用、控えの2部必要です)。※ここでは印鑑証明に登録している実印が必須。
❝運賃料金設定届出書❞に記入して提出(こちらも提出・控えの2部)。
❝運賃料金表❞(こちらも2部)。
❝事業用自動車等連絡書❞(こちらは同じものを2部)。
車検証のコピー

この段階で書類に不備がなければ、「受理しました」という印鑑を押印してくれます(所要時間:10分前後)。

※各運輸支局のホームページから届出書をダウンロードできるので、先に印刷して記入しておけば運輸支局で記載する必要がなく、スムーズに事が運びます。

黒ナンバー取得の流れ(軽自動車検査協会へ)

運輸支局が指定している軽自動車検査協会へ行き、以下の必要書類を提出します。

➀先ほど受理証に押印してもらった書類。
➁住民票や印鑑証明(上記の流れで行けばそのまま持っていると思います)。※その前に住民票を取得しておくと楽です。
➂印鑑証明に登録している実印。

必要書類に記載すればOK(そんなに難しい書類ではないので、10分もあれば事足ります)。

黒ナンバー取得をするための費用

黒ナンバー取得のために諸手続きを代行してくれるお店さんもありますが、そんなに難しい手続きではないので、自分でやったほうが早いと思います(書類というものが嫌いな方はいいかもしれません)。※手続き代行の費用は15,000円~30,000円前後のようです。

軽貨物運用約款・・・700円
黒ナンバープレート代・・・1,500円くらい(地域によって異なります)。
印紙代・・・700円

で完了するので、5,000円ほど持っていけば大丈夫ではないかと思います。ナンバープレートも自分で外して取り付けを行えば、ナンバープレート代しかかかりません(取り外したナンバープレートは返却してください)

最適な法人契約可能な自動車保険を無料相談できます!(全国対応)

どこが安いか高いか補償はどのくらいついているのかなどが分かる!
すぐに契約可能なので即日ok!ネット見積もりだけでもok!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です