法人自動車保険の比較やランキングを掲載しながらも実際に1社ずつ見積もりを取った内容をそのまま掲載しています。

★法人契約可能な会社だけをまとめて一括見積もりできる! 自動車保険見積もり

黒ナンバーの自動車保険取扱い業者と保険料について

黒ナンバーとは?

軽貨物車を営業を目的とする利用する場合は営業ナンバーになります。違った見方をすれば、タクシー/バス/宅急便に取り付けられています緑ナンバーの車を軽自動車にして見立てた車が黒ナンバーです。すなわち、この軽貨物の営業ナンバーが通常いわれている黒ナンバーです。任意保険に加入するためには黒ナンバーとして登録を済ませる必要があります。

黒ナンバー任意保険取扱業者と自動車保険料の金額!

営業用であれば、自ずと車の走行距離、乗車回数においても自家用に比べて多くなることが充分予想できます。そのため、事故の確率は高くなり、保険料もそれに付随して高くなる傾向にあります。

概ね2~3倍の相場が水準ではないだろうか? もう1点の課題は黒ナンバーが加入できる保険会社は少なく大手の数社に限られています。ということで、黒ナンバーを取り付けられる車両は貨物運送業などとして利用される事業用の車両をいいます。そのため、一般車両には取り付けることは不可能です。

事業用として利用されることから、走行する距離、事故に遭遇する危険率は一般車よりどうしても高くなるため、一般車に比べて保険料は高くなっていることが通常と考えられます。裏を返せば、黒ナンバーに対する取扱可能な保険会社は限られてきます。保険加入が可能な保険会社は以下の通りです。

*東京海上

*三井住友海上

*富士火災

*朝日火災

*共栄火災

比較的格安の保険会社であるソニー損保やチューリッヒ等は取り扱っていません。筆者としては、東京海上または三井住友海上の2社がお奨めです。

以前、黄色ナンバーに乗車した時の保険等級についての引継はできないことに留意する必要があります。また、黄ナンバーにおいては年齢条件を特約として付加することができましたが、黒ナンバー車ではそのような特約はありません。概ね月額の保険料は1万円以上になることに充分計算しておきましょう。

【具体例】6S等級、対人倍賞:無制限、対物賠償:免責ゼロの無制限、車両保険:なし、人身事故(同乗者含む):被保険者搭乗に限って担保して、3,000万円の加入条件において、年払い保険料=133,410円、月額保険料=11,660円という算出が出されました。

黒ナンバーの総括!メリットはあるのか?

以上ですが、結論から言いますと、黒ナンバーにするメリットはないと断言できそうです。その理由は黒ナンバーはあくまでも貨物運送事業に特化したジャンルの車であると言えます。

自家用の黄色ナンバーか事業用の黒ナンバーかの選択は今一度、再考することが肝要です。

少しでも保険料を安くしようと安易に走るのは避けたいものです。自家用の黄色ナンバーですと、色々な特約条件を付加することも可能になります。或いはどうしても安くしたいということであれば、共済会とか団体割引の適用がある組織等を探してアタックすることを薦めます。

法人契約可能な自動車保険会社7社同時見積もりはコチラ!法人契約ができる自動車保険会社のみの7社!5分程度の時間でこれらを一回で同時見積もりできます。すべて無料です。
公式ページはこちら↓
自動車保険見積もり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です