軽貨物運送業の登録費用(加盟金、委託料率、車両代金)などについて


軽貨物運送業の登録費用

とりあえず車両代金は置いておいて、軽貨物運送業を行うには登録の費用がかかります。だいたいナンバープレート代が1,500円くらいで、用紙代が50円くらいでしょうか。ナンバープレートも簡単に自分で取り付けられるので問題ありません。

軽貨物の加盟金や委託料率、月会費

会社によっては「マジで?」「やけに高くないか?」と思われる加盟金を払わないといけないこともあります。当然、経費は自分持ちになりますので、加盟する前にしっかりと確認、確約を取っておいたほうが良いでしょう。下手をすると数十万円の費用がかかるところもありますので、「本当にこの会社から委託を受けて、この費用をペイできるのか?」「きちんと仕事を紹介してくれるのか?」と自問自答した上で契約してください。基本的に高額な加盟金を支払うような会社は避けたほうが良いと思います。また、これも必須で覚えておいたほうが良いのですが、契約金は戻ってきませんのでご注意を!

その他、これは悪い訳ではありませんが、委託を受ける際には、「委託費用」や「月会費」を支払わなくてはいけません。委託料率があり、各社パーセンテージが異なります。10%くらいだととても良いですが、20、30%になると危険ですので、契約する際にはその辺りをしっかりと確認しておくことが大事です。

軽貨物の車両代金その他費用

軽貨物運送業を始めるために必須なのは車両ですよね。この出費は仕方がありませんが、委託契約をする会社が高額で販売してくる場合もあるので気をつけましょう。だいたい新車で130~150万円くらいあれば購入できる軽貨物を、200万以上で売りつけるようなこともあるようです。実際、中古でも日本の車両は良いものが多いため、中古車販売店で30~50万円出せば結構良いものも購入できますから、車両購入は考えものです(大手で購入しないといけないところがありますね)。そうそう、もちろん「ガソリン代」「整備・車検費用」「自動車税」は自分持ちです。

最後になりますが、上記したように加盟金を支払ったり、月会費、委託料率など、契約にあたっては様々なことがあります。分厚い契約書を熟読するのも大変ですが、特に金額に関わる委託料率などの部分はしっかりと読んでから契約しましょう。また、この費用以外にも自賠責保険、任意保険、貨物保険への加入も必要なため、軌道に乗るために最初は多少の出費を覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

事業用車可能な自動車保険が探せる!

事業用自動車保険はすべて代理店経由。こちらは営業用・事業用車に強い保険会社を紹介してくれる代理店です。どこの自動車保険が安いか高いか 補償はどのくらいついているのかなども相談できますしすぐに契約可能なので急いでる方にもおすすめ!無料ネット見積もりだけでも全然ok! 法人自動車保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です