軽貨物運送業の必要経費


軽貨物運送業の必要経費として認められるもの

当然のことですが、必要経費というものは「業務に関わるもの」として必要なものでなければなりません。ですので、運送業を行うにあたっての分かりやすい経費と言えば、以下のものが挙げられます。

車両に関わるもの・・・車両のローン代の利息分、ガソリン代、修理及び整備費用(オイルなど)、車検代ほか。
消耗品費・・・運送業に必要な作業着や軍手、台車、その他ペン、ノートなど、業務で使う備品。
保険料・・・自賠責を始め、貨物保険料、任意保険など。
租税公課・・・自動車税、重量税など税金に関わるもの。
旅費交通費・・・有料道路料金や駐車料金など。
接待費用・・・対会社などの接待などの費用などで使ったと分かるものであれば必要経費として認められることも。
その他・・・事務所の賃料、倉庫などの賃料、光熱費ほか。

というように、直接業務に関わるものであれば、必要経費として認められます。

軽貨物運送業の必要経費として認められないもの

プライベートでの使用・・・もちろん業務以外で使った場合は認められません。自動車を利用する場合は、業務としての走行距離や日報などをつけておくときちんと認められます。
交通違反金・・・業務中のことなので急いで荷物を届けなければいけないこともあるでしょう。しかし、残念ながら違反金は必要経費とは認められません。交通ルールを守って安全運転しましょう。
住民税や所得税・・・こちらは普通で考えたら分かると思いますが、住民税や所得税は必要経費とはなりません。
借入金の元本・・・車両を購入してローンを支払い中となると、全部経費として落とせそうな気がしますが、ローンの元本の返済に関しては必要経費とはなりません。あくまでも利息のみが認められています。
家族への給与・・・一親族への給与は認められていません(ある一定の要件を満たせば必要経費として認められることもあり)。

必要経費の家事按分

ちょっと難しいのが事務所と自宅を兼用しているなどの場合は、経費としてなのかどうなのか分かりづらいこともあります。このような費用は「家事関連費」と呼ばれており、按分して必要経費として計上します。自宅兼用の場合は、面積と作業場のスペースの割合で計算するのがお勧めです。とはいえ、かかった費用を何でも必要経費とする訳にもいかないので、誰が見てもおかしくないようなしておかないと認められないので、注意が必要です。

 

事業用車可能な自動車保険が探せる!

事業用自動車保険はすべて代理店経由。こちらは営業用・事業用車に強い保険会社を紹介してくれる代理店です。どこの自動車保険が安いか高いか 補償はどのくらいついているのかなども相談できますしすぐに契約可能なので急いでる方にもおすすめ!無料ネット見積もりだけでも全然ok! 法人自動車保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です