法人自動車保険社員以外が使って事故にあったら?

法人自動車保険の車を、社員以外の人間が運転して事故を起こした場合、補償はどうなるのでしょうか? 今回は、そういった案件が起こった時の万が一の補償について調べてみました。是非、参考にしてください。自動車保険には個人契約と法人契約の2つがあり、特に法人の契約の場合は殆どが代理店による契約となります。契約する場合の名義、すなわち、契約者、記名被保険者、車の所有者が同じ法人名であることが法人契約としての条件であることを押さえておきましょう。

保険の加入者が契約者、最も車を運転する人または法人が記名非保険者、車検証に記載されている名前、すなわち車の所有者、これら3つの名義がすべて同一法人契約になっていることが条件となっており、例え一つでも違うということになれば、法人契約としては定義されません。この点に十分留意することが肝要です。ただし、車の所有者につきましては、車を実際に所有しているローン会社またはリース会社ということであれば、車検証の使用欄が同じ法人名が記載されているかを確認することがポイントです。

【法人自動車保険の基本】

法人契約をするということは一般の自動車保険と異なり、その会社の従業員が運転することになります。ですので、原則としてはその会社の人間しか運転できません。また、保険料に関してですが、被保険者が法人ということですので、保険料も高く設定されています。これが法人自動車保険の基本中の基本で、きちんと抑えておくことが何よりも貴重です。

と同時に、記名被保険者の名義がどうなっているかが最も重要な点です。法人名義であれば、その法人に属している従業員全員が補償範囲の対象となっています。個人名義となっていれば、補償範囲の対象から除外されてしまいます。要注意です。

【法人自動車保険で社員以外が事故を起こしたら?】

3つの名義が明確に法人に記名されている場合は、その法人の従業員でなければ、保険の対象としては認可されません。これを避ける方法としては、従業員でない人が法人自動車の車をどうしても運転さざるを得ない場合は個人的に1日自動車保険等に加入しておくことが必要になってきます。

事業用車可能な自動車保険が探せる!(全国可能)

事業用自動車保険はすべて代理店経由。こちらは営業用・事業用車に強い保険会社を紹介してくれる代理店です。どこの自動車保険が安いか高いか補償はどのくらいついているのかなども相談できますしすぐに契約可能なので急いでる方にもおすすめ!無料ネット見積もりだけでも全然ok!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です