タクシーの自動車保険料と取り扱い保険会社


タクシーは人をのせる事業用車でナンバープレートは緑ナンバーとなります。通常の自動車保険会社では加入はできません。

営業用車ですので通常の自動車保険料よりも割高になるでしょう。料金で言えば通常の自動車保険の2倍~3倍といったイメージでしょう。

また格安で契約できる通販型の自動車保険には緑ナンバーをOKしてくれる会社はなく一部の代理店型の自動車保険会社で契約する形となります。個人タクシーであっても今は国土交通省から加入が義務付けられていますので高くても加入しなければいけません。

タクシーの自動車保険加入義務

冒頭でも説明したようにタクシーの自動車保険は義務化されています。また遵守しなければいけない項目がありこれをクリアしないと認可がおりません。

・対人賠償8000万以上

・対物賠償200万以上

・免責30万以下(事故を起こした場合の自己負担額)

タクシーの自動車保険の加入は?

タクシーの自動車保険の選択肢は2点あります。

・タクシー共済に加入

・一般の自動車保険会社

タクシー共済は組合で加入する保険ですが専門という事で安心感があり示談交渉なども強いという印象です。やはり事故が多いタクシー業界ですのでその専門の共済と言えば交渉も強気でなければいけません。事故を起こされた側から言わせるとかなり苦戦を講じる事になる保険会社です。ですから一般的タクシーの運転手で加入する方は多いようです。東京で言えば東京個人タクシー協同組合などがそれにあたります。

ただタクシー共済に入るという流れを組む運転手の方が多い中、実は一般の自動車保険も緑ナンバーでの契約が可能という会社があります。

自動車保険料などもタクシー共済と比較してどちらが安いか把握している人も少ないでしょう。一般的な自動車保険にも各社メリットがありますので一度比較してみるのも良いかもしれません。

自動車保険のプロの方からこんなコメントを頂きました。

タクシー共済と一般の自動車保険との比較

「保険料水準はタクシー共済の方が安い場合もあります。タクシー共済をやめて一般損害保険会社に加入する場合は、6等級新規での加入となります。

ただし補償内容のオーダーメイドも一般損害保険会社の方が優れていますしロードサービス、事故対応も同様です。
保険料も等級ゼロスタートならタクシー共済と比べても高いと言った印象はありません」

とても貴重な情報ですよね。逆にタクシー共済からの等級移行ができないのが肝という事でしょうか。

しかし代理店型の自動車保険の場合、代理店の強さも考えなければいけません。法人の自動車保険に強い緑ナンバー可能な事業社を探すのは大変だと思いますのでここで一社全国対応の代理店を紹介しておきます。

タクシーの自動車保険を取り扱っている代理店

こちらの会社は緑ナンバー自動車保険可能な損保ジャパン日本興亜や三井住友海上、共栄火災などを複数の紹介ができる代理店となっています。複数の会社の中から保険料が安い高い、補償がしっかりしている自動車保険を紹介してくれます。事故時の対応も一般の代理店よりも事業用自動車保険に特化しているのでエキスパートが揃っているでしょう。

事業用車可能な自動車保険が探せる!

事業用自動車保険はすべて代理店経由。こちらは営業用・事業用車に強い保険会社を紹介してくれる代理店です。どこの自動車保険が安いか高いか 補償はどのくらいついているのかなども相談できますしすぐに契約可能なので急いでる方にもおすすめ!無料ネット見積もりだけでも全然ok! 法人自動車保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です